タグ「Google リーダー」 の検索結果(1/1)

2009年12月 8日

Yahoo! Pipes

Feed を読むのに、ずっと Opera を使っていたのだが、
Feed を取りに行く時、一瞬ブラウザが固まる感じが嫌なのと、
数がかなり増えてきたのに、フォルダ管理が出来ないのが致命的なもので、
ここ最近は、Google リーダーを愛用している。

気に入って使っている Google リーダーだが、
それこそ登録 Feed がかなりの数になると、
Feed で広告配信してくるのが邪魔に感じ始めた。
(Seesaa blog 酷すぎ)。

Gmail と違って、Google リーダーにはフィルタ機能が無いので、
困っていたところ、良いものを見つけた。

Yahoo! Pipes

日本の Yahoo と違って、U.S.Yahoo いい仕事してるわぁ。
それこそ Google が出してきそうなサービスだな。

使い方等の説明は、こちらが詳しいので丸投げ。

簡単に説明するのは非常に難しいのだけれど、
様々な条件で新規作成した Feed や、
もちろん既存の Feed を単独で、
もしくは複数から、更に色々な条件を付けて、
新規の Feed にまとめてくれるツールなのだ。
言ってる意味、自分でもわからん(笑)。

とても面白い可能性を秘めたツールだと思う。
今回やろうとしている「広告 Feed を弾く(削除する)」は、
適応例の一つにしか過ぎない。

持っていない場合は、先ず U.S.Yahoo ID を取得する。

Yahoo! Pipes に sign in

画面一番上の Create a pipe をクリック。

 

pipes alert.jpgOpera (ver.10.10) の場合こんなのが出るが、
無視して OK をクリック。


左側 Sources の Fetch Site Feed を右側スペースに D&D、もしくは+マークをクリック。

Fetch Site Feed.jpg広告を弾きたいサイトの URL を記入。
Feed の URL ではなく、
サイトのトップ URL で良いみたい。


左側 Operators の Filter を右側スペースに D&D、もしくは+マークをクリック。

Filter.jpgこんな感じで、フィルターする。
複数の条件も可。


pipe output.jpg最後にそれぞれの◯間を、グニュグニュとつなぐ。
これが気持ちイイ。
以上で完成。

ちゃんと動作するか、下のほうにある Refresh をクリックして確認。

問題なければ、上のほうにある Save をクリック。

Save の上にある Run Pipe をクリック。

badge.jpg好きな リーダーに登録すれば、
見事広告はカットされている。
ああスッキリ。


Yahoo! Pipes って、本当に面白そう。
もうちょっと、時間をかけて遊んでみたい。

こんなのも、気になったりしている。

Plagger
 @IT
 Wikipedia

Dapper
 HAAYA
 TechCrunch